上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ちょっと前に「龍馬の生まれたまち記念館」で浜田浩造さん展をやっていました。
自宅からチャリで行けるところだし、せっかくだから見ておこうと思ってブラっと行ってきました。

浜田浩造さんというのは、高知県で銅像作家(っていうの?)をされてた方です。
檮原町の“維新の門”の群像や、旧葉山村にある吉村寅太郎の銅像、長浜にある長宗我部元親像などなど・・・
私が「これチョーかっけぇ!!」と思った銅像のほとんどが浜田浩造さんの作品だったんです(o^v^o)


↑銅像の型になる石膏像だそうです。
これは檮原町の“維新の門”の龍馬。何個かのパーツに分けて制作するみたい。

b-176.jpg
↑同じく石膏像の元親サマ。
兜とお顔の色が違うのは、顔のほうを後から作り直したからだそうです。
元親サマのお顔のデザインには相当ご苦労してたみたいです。
↓デッサン画も、お顔が真っ黒!!
b-178.jpg

b-177.jpg
↑銅像の作り方なんて考えたコトもなかった・・・


展示部屋の片隅にポツンと机が置いてあって、その上に浜田浩造さんの日記がありました。
なんとなく開いていたページを読むと、チェリノブイリ原発事故が起きた当時に書かれたページでした。
「どうか大人の皆さん、原発建設にOKのサインをしないで下さい。それは、子供に保険をかけて殺すのと同じコトなのですから」
この一文が突き刺さって忘れられなくなりました。


浜田浩造さんさんはすでに他界されております。
浜田さんが残してくれたチョーっかっこいい銅像たちも、高知県民の自慢のひとつになっているはずですよね
ヽ(・∀・)ノ

2011.08.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://backside01.blog83.fc2.com/tb.php/720-d60aac40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。