上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、ボランティア活動で交流のある方々と一緒に高知新聞に行きました。


b-blog614.jpg

みんな言いたいこととか聞いて欲しいコトがいっぱいあって。
取材というより「しゃべり場」みたいになりました(笑)。

でも、記者さんがすごくカンジのいい方で、一生懸命話を聞いてくださいました。
どんな風に記事になるのかわからないんですけど、記者さんが
「高知県の殺処分数が全国でワースト1位というのを最初に記事にしたい」とおっしゃっていましたので近日中に高知新聞に出ると思います。
動物管理センターにも取材に行くと言ってましたし。
反響があると、もしかしたらシリーズ化してくれるかも・・・?

私も、最近のネガティブの原因だった“放置飼い”のコトを思いっきり愚痴ってきました(苦笑)。

スポンサーサイト
2009.04.10 / Top↑
13日、高知でハトが殺された事件が新聞やテレビで報道されました。
このニュースは全国放送のテレビニュースでも取り上げられたので、県外の人も知っている方多いと思います。
事件の内容を簡単に紹介するとこうでした。

中学野球のコーチが「ハトが騒がしい」という理由で野球部生徒にハトを殺すように命ずる。
生徒はいったん拒んだが、命令に逆らえずハトを殺した。
2羽のハトの首が切られている死骸を見つけた職員により発覚。
このコーチはボランティアでコーチをやっていた。

以上です。
テレビニュースでは、これ以上の情報はあまりなくて、その後の対応がどうなったのかがサッパリわかりません。
警察には届け出がきてないようで、この事件にまったく動いていない、とのことでした。

このまま、どこも届け出を出さなくてうやむやのまま終わるようだったら
署名活動をしたいと思っています。

2009.03.18 / Top↑
ちょうど1年前2008年の1月、高知県の保健所が動物愛護推進についてのパブリックコメントを募集してました。
その結果を見つけましたので、気になる方は見てみるといいよ。

コチラ


なんか・・・県外からのコメントのほうが多いっていうのが寂しい。
高知県民の動物愛護に対する意識の現われが出たような気がしちゃって・・・


2009.01.11 / Top↑
今週木曜日の高知新聞(朝刊)に猫の里親詐欺の記事が載っていました。
b-blog140.jpg

↑2007年9月6日(木)高知新聞朝刊より
※画像クリックで大きく表示されます。

2004年から大阪周辺で猫の里親を探していた人たち7人から
14匹の猫を「終生大事に飼育する」と譲り受けた。
が、その後ネコたちの現状を明らかにしないそうです。

現在 訴えられた女性は高知県の四万十市(旧中村市)に在住。
・・・
「続き」で、私的なコト書きますね。
2007.09.08 / Top↑
今年5月25日の衆議院環境委員会で松野頼久議員に投げかけられた
「犬留置所において動物愛護法が適用されていない」質問に対して
厚生労働省が改善をはかると確約し、国として改善に取り組む姿勢を見せたコトは5月の記事に書いた。

そして
野犬や飼い主不明の犬の扱いについて、できる限り殺さず新たな飼い主を見つけるようにと、厚生労働省が5月16日までに都道府県や政令市など全国の自治体に文書で指導しましたコトも書いた。
(覚えてるかな?w)

今度は環境省が動きを見せました。


「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」及び「動物の処分方法に関する指針」の改定案に関する意見の募集(パブリックコメント)を募集しているぞ!
環境省といえば、目下話題は地球温暖化だと思う。
海外も取り込もうと京都議定書とか頑張ってる。
温暖化防止、いい活動ではないか。
「電気を使わないなんて無理。」
「車を使わないなんて無理。」
「電気も車も使っている奴が温暖化防止なんて言うな。」
「温暖化防止なんて 無理。」
よく聞きますね。
言いたいことはわかるけど、やれるコト1つすらやらないで
「無理」とか言っても説得力ないよね?
できるかできないかの前に
やるかやらないか、でしょう?
谷は今年もエアコンを買いませんでした。
私の部屋にはエアコンは1台もありません。
ささやかなコトですがね・・・。今年も暑かったよ・・・

・・・京都議定書。
実は常々腑に落ちない部分があった。
もちろん、温暖化防止を世界に訴えたコトはいいと思う。
でも・・・
日本よ。
温暖化という大規模な企画の前に足元を見てくれ。
日本人がどれだけのペットたちを捨てているのか。
センターでどれだけの動物達が苦しみ殺されているのか。
都市開発という名の下に、絶滅危惧種が多数生息する土地を工事し、壊していっているのか。
動物の命がカネにしか見えないペットビジネス業界・・・悪徳業者がどれだけいるのか。
増える一方の動物虐待。
何もしない、何も見ようとしない。

・・・こんな日本が
世界に地球温暖化を訴えて説得力があるんか・・・
そう思っていた。

だから、今回 環境省がペットの分野に目を向けてくれたのがすごく嬉しい。
やっと気がついたのか・・・と。
特別な人だけが答えられるパブリックコメントではありません。
ここを見てくれた貴方の意見を募集しているのです。
「改定案に関する意見」の募集だから、もしかすると私達の意見が今後の改定に影響する可能性が高いんじゃないかな!
さぁ、皆で意見送ろうぜ!
動物ボランティアに参加したり、物資や募金を寄付したり、保護して里親探ししたり
それだけが愛護活動じゃないよ!
本当の愛護活動って、啓発なんじゃないかと思うんだ!

お金のかからない活動もあるのさ!
ここで送られた皆の意見が、世論となる。
それは流れになる。
追い風になる。

貴方の意見が
将来 小さな命を救うかもしれないよ!


■環境省パブリックコメントについてのWEBページ
2007.08.31 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。